特別な日に選びたい!振袖レンタルランキング

ホーム > 振袖の豆知識 > 振袖をレンタルする流れと注意点

振袖をレンタルする流れと注意点

現在日本では着物を着る機会はほとんどないということもあり、いざ振袖を着る成人式がやってきた時にはどうするべきかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
近年では、購入するよりもレンタルするという選択をする人が大半であり、レンタル先も豊富にあります。
お店によって種類や料金には違いがありますが、借りる際には早い段階から予約するということが大切になってきます。
流れとして、まずは複数のお店に足を運び振袖の種類や料金を把握して比較するようにしておきましょう。
その後は借りたい日時を指定して予約となります。
成人式となればレンタルする人が一年の中で最も多い日となるので、一年以上前から借りたい振袖を探す人もいます。
気に入った商品を確実に借りるためにも、早い段階から探し始め予約しておくことが必須となります。



振袖をレンタルするメリットとは

成人式には振袖を着るという人が多いですが、その際に頭を悩ませることになるのが購入するかレンタルにするかという点ではないでしょうか。
近年では着物を着る機会が少ないので、購入するとなれば勿体無いと感じる人が多くレンタルを選ぶケースが大半となっています。
何度か着る機会があるとなれば購入した方が良いのではないかと考える人もいますが、購入してしまうと毎回同じデザインのものを着なくてはならないというだけではなく、サイズの変更もできません。
その点借りるだけならば、その都度着たいデザインのものを選ぶことができ、体型の変化にも対応してもらうことができるというメリットがあります。
クリーニングなどのメンテナンスをする必要もなく、保管場所にも困ることがないのでレンタルするメリットは数多く存在していることは確かです。



近年の振袖のレンタルの方法とメリット

成人式や未婚の女性が結婚式に参列する場合、振袖を着用します。
成人式の場合、一生に一度ということで、購入する人も多いですが、レンタルも最新のデザインが揃っていておすすめです。
また、振袖に合う帯や草履、髪飾りの用意、前撮り写真、当日の着付けとヘアセットまでセットになっていることが多く、お得です。
成人式の場合は、早めに手続きをしないと着物がなくなってしまうので注意しましょう。
結婚式の参列の場合は、結婚式の会場まで借りた着物が届き、終わったらその場で返送することもできるので、荷物にならず操作も簡単で好評です。
近年は、インターネットから操作ができ、デザインの確認、生地の拡大図、サイズの記載、物によっては着物の作成者の記載もされているので安心です。
結婚式で、参列者が着物を着用していると華やかで新郎新婦の親族にも喜ばれます。

次の記事へ

ページトップへ