特別な日に選びたい!振袖レンタルランキング

ホーム > 振袖の豆知識 > 振袖のレンタルをする注意点とは

振袖のレンタルをする注意点とは

振袖を着るときにはレンタルにしようと考える人が多いのではないでしょうか。
その際には、レンタルに必要となる費用やオプションで何が付いているのかなどチェックしておきたいポイントは数多く存在しています。
日頃着る機会が滅多にないものということもあり、浮かれてしまいがちですが借りる際には万が一のことも考えておかなくてはなりません。
振袖を着る当日に天候が良いとは限らず、雨で泥が跳ねて着物が汚れてしまったり、食事中に汚してしまう可能性もあります。
その際には弁償しなくてはならないのか、クリーニング代の負担だけなのかを確認しておきましょう。
中には着物の保険に加入していて少しの汚れは無料というケースもあります。
安いという理由からレンタルにしたにもかかわらず、弁償となっては元も子もないので借りる際にはよく確認しましょう。



振袖を低価格でレンタルできる店舗の魅力とは

振袖は、比較的若い女性に人気のある着物の種類として有名ですが、特に質の高い生地が用いられているものを選びたい場合には、レンタルが可能な店舗を選ぶことが何よりも大切です。
近頃は、個性的な色合いの着物に関心のある女性が増えており、店舗選びを効率よく行ううえで、各店舗の得意とする着物の着付け方法について理解を深めることが肝心です。
また、振袖のレンタルの料金は、素材の種類に大きく左右されますが、経済的な事情に合ったものを選ぶにあたり、複数の店舗の料金相場を必ず確かめることが大切です。
その他、振袖の利用期間の長さやクリーニングの必要性に関しては、各店舗の方針やプランの内容によります。
そこで、日ごろからホームページやチラシなどに目を通しながら、利便性の高いサービスが導入されている店舗の特徴を知ることが大事です。



振袖のレンタルはオフシーズンが空いている

成人式の時でなければ、多少融通のきく事が振袖のレンタルです。
成人式前後には非常に高額でさらに気に入った柄を見つけても他の予約が入っている事が少なくありません。
理由のひとつとして、前年の成人式に既に予約を開始していることが多いからです。
成人式前後を避けて、多少レンタルに余裕のある時期に写真撮影をする人も増えました。
特に山間部の自治体では、成人式を前年の夏に行うことが少なくありません。
夏に行われる理由としては、冬には帰省が難しく、帰って来るのも大変だということや、成人式を行う前に雪かきで煩雑な状態であり、祝う状態ではないことも上げられています。
そのため、夏に写真撮影をすることで、価格を抑えた低価格な写真撮影ができるといわれています。
前もって費用や柄の見積りを業者に相談することで、予算の範囲内でレンタルできるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ