特別な日に選びたい!振袖レンタルランキング

ホーム > 振袖の豆知識 > 振袖のマナー

振袖のマナー

 振袖を着る機会はそう頻繁にあることではなく、特別な一日となることは間違いありません。その際には立ち振る舞いが美しいかどうかで、振袖をより美しく魅せるためには欠かせない点となってきます。振袖を着た時には背筋をきちんと伸ばし、小さめの幅で内股気味に歩くようにするのが基本です。座る時にも深く腰掛けるのではなく、浅く腰掛け背筋はきちんと伸ばしましょう。自動車に乗り込む際には、足から乗り込むのではなくまずは腰をかけて乗るようにするのが美しい仕草であり、着崩れを防ぐためにも必要な行動となります。階段の上り下りをする際には、袖と裾を踏まないように着物の端を軽くつまむようにする必要がありますが、この際にふくらはぎが見えてしまうことの内容に気をつけておくようにしましょう。

 振袖を着る際には、足首を見せないようにするということも頭に置いておくべきです。それと同時に腕も出さないようにしましょう。草履を履くことが滅多にない今の時代では、足が痛くなってしまって引きずって歩いてしまう光景も良く見かけますか、草履を引きずって音を立てて歩くことはマナー違反と言えます。周りの人に不快な気持ちを味あわせてしまうことになるので、美しく歩くようにしておきましょう。美しくて長い袖が振袖の特徴ですが、だからと言って袖を振りながら歩くのは美しい仕草ではありません。歩いたり座ったりと、日頃は何気なく行なっていることでも振袖を着ていると思う通りに動くことができなくて頭を悩ませることになりますが、マナーは十分気をつけておくようにすることが振袖を引き立てるポイントです。

 振袖は購入するよりもレンタルという人が多いですが、その場合にはなおさら汚したり破ったりしてしまわないように気をつけておかなくてはなりません。落ちたものを披露時には、裾や袖が地面につかないようにしておきましょう。振袖を着る時は成人式が初めてという人が大半であり、成人式の日には食事も楽しむケースも多いです。食事をする際にはナプキンや大きなハンカチで帯からカバーするようにしておきましょう。振袖はその名の通り袖が長いので食事をしている時に袖は最も汚れやすくなってしまうポイントであり、気をつけなくてはなりません。振袖は洋服とは異なり、振る舞いなどのマナーには大きな違いがあります。マナーをしっかり守ることで、より美しく着こなすことができるようになるのではないでしょうか。

ページトップへ